ぎっくり腰の対処法

こんにちは!腰痛・肩こり・神経痛に対して手技・はり・運動療法を行っている鎌倉駅近くの、ますだ治療院です。

前回のブログでは、ぎっくり腰の2大タイプ、椎間板性と椎間関節性(高齢者は圧迫骨折も)についてご説明しました。

今回は、それぞれのタイプ別対処法について書きたいと思います。

椎間板性腰痛の対処法

椎間板性腰痛に対する戦略は、「椎間板にかかる圧を極力減らす」です。

前回のブログに書いた通り、重いものを持ったり腰を丸めると椎間板にかかる圧が大きくなるので、まずはこういった動作を避けてください。

椎間板にかかる圧は、横になっている時が一番低く、立っているより座っている方が高く、最悪は腹筋運動のような動作です。ですので、ベッドから起き上がる際などは十分注意してください。

さらに、腰痛ベルトなどをお腹に巻いて腹圧を上げることもお勧めします。腰痛が軽減するようでしたら、就寝時以外は強めに巻いて下さい。前後逆に巻いた方が良い場合もあります。

また寝具は、腰が沈み込まない、高反発のマットレスやせんべい布団がおすすめです。

椎間関節性腰痛

椎間関節性腰痛に対する戦略は、「とにかく腰を反らさないこと」です。

かかとの高い靴を履かない、あお向きに寝る時はひざの下にクッションを入れるなど、腰が反らない工夫をして下さい。

寝具は、腰が程よく沈み込む、低反発のマットレスや柔らかめのベッドがおすすめです。

また、腰が反ってしまう原因は、胸や股関節が反れていない(またはひねれていない)、です。痛みがピークを過ぎたら、胸椎や股関節のストレッチを行って下さい。

当院での対応

椎間板性腰痛に対しては、周囲の筋緊張を緩める手技またははりを行うと共に、椎間板にかかる圧を軽減する体操の指導、腰痛ベルトの処方などを行います。

椎間関節性腰痛に対しては、周囲の筋緊張を緩める手技またははりを行うと共に、問題の関節を止めて他の関節を動かす手技、問題の関節を直接刺激するはりなどを行います。

臨床経験上、椎間板性に比べて椎間関節性の方が即効性があります。

最後に

ぎっくり腰の2大タイプ、椎間板性と椎間関節性の対処法についてご理解いただけたでしょうか?

施術についてのご相談・ご予約はこちらまでどうぞ。

姿勢改善のための体幹トレーニング教室

こんにちは!腰痛・肩こり・神経痛に対して手技・はり・運動療法を行っている鎌倉駅近くの、ますだ治療院です。

2023年は、コンディショニングの普及にも力を入れて行きたいと思っておりますが、その第2弾として、鎌倉市の多世代交流事業「子供も大人も体幹トレーニングで姿勢改善」の講師を務めます。

日時は3月19日(日)13:30~15:00、場所は西鎌倉の腰越なごやかセンターです。

鎌倉市在住の小学生以上の方ならどなたでも無料でご参加頂けます。申込み・お問合せは腰越なごやかセンター(0467-31-0800)までお願いします。

2月1日(水)より受付開始で、定員に達し次第締め切られます。

ぎっくり腰の原因

こんにちは!腰痛・肩こり・神経痛に対して手技・はり・運動療法を行っている鎌倉駅近くの、ますだ治療院です。

今回は、皆さんからのご質問の多い、ぎっくり腰の原因について解説したいと思います。

ぎっくり腰って何?

ぎっくり腰とは、急性の腰痛の俗称です。ですので「これがギックリ腰だ」という明確な定義があるわけではありません。

一般的には、動作中に突然痛くなり、強い痛みで日常動作に支障が出るような腰痛を指します。

ぎっくり腰の原因は?

上記のように定義があやふやなので、原因も色々です。

が、私は臨床経験上、「椎間板性のもの」と「椎間関節性のもの」が多いと感じています。

70歳以上の方や、骨粗しょう症をお持ちの方の場合は「圧迫骨折」の可能性もありますので、そういう方はまずは整形外科の受診をお勧めします。

椎間板性のぎっくり腰とは?

椎間板とは、イラストにあるように背骨の前方にあるクッションのようなもので、ここに急激な圧がかかることによって、椎間板の変形や部分的な損傷が起こり生じる腰痛を「椎間板性の腰痛」と呼んでいます。

椎間板性のぎっくり腰の特徴は?

椎間板は、立っている時に荷重の80~85%を支えているので、重いものを持った時などに最も負荷がかかります。

また、椎間板は前方にあるので、かがんだ時など腰を丸める動作で負荷がかかりやすいです。

椎間関節性のぎっくり腰とは?

椎間関節とは、イラストの赤丸の部分、背骨の後方にある関節で、この関節にある軟部組織を挟み込むことなどで生じる腰痛を「椎間関節性の腰痛」と呼んでいます。

椎間関節性のぎっくり腰の特徴は?

椎間関節は後方にあるので、腰をそらせた時に負荷がかかりやすいです。

また、腰をひねる際も椎間関節に負荷がかかりやすいです。

最後に

ぎっくり腰の2大タイプ、椎間板性と椎間関節性(高齢者は圧迫骨折も)についてご理解いただけたでしょうか?

次回は、ぎっくり腰に対する対処法をお伝えします。

施術についてのご相談・ご予約はこちらまでどうぞ。

腰痛予防のためのストレッチ教室

こんにちは!腰痛・肩こり・神経痛に対して手技・はり・運動療法を行っている鎌倉駅近くの、ますだ治療院です。

2023年は、コンディショニングの普及にも力を入れて行きたいと思っておりますが、その第1弾として、鎌倉市の健康づくり講座「腰痛のタイプ別セルフケア」の講師を4回にわたって務めます。

日時は、1/18、1/25、2/1、2/8(いずれも水曜14:00〜15:10)場所は、鎌倉市材木座の名越やすらぎセンターです。

鎌倉市在住の60歳以上の方ならどなたでも無料でご参加頂けます。申込み・お問合せは名越やすらぎセンター(0467-25-1188)までお願いします。

本日1月5日より受付開始で、定員に達し次第締め切られます。

猫背の原因とその対処法

こんにちは!腰痛・肩こり・神経痛に対して手技・はり・運動療法を行っている鎌倉駅近くの、ますだ治療院です。

みなさんは、肩こりや腰痛の原因になっているとわかっていても、気づくと猫背になっている、ということはありませんか?

今回は、猫背になってしまう原因とその対処法についてお伝えしたいと思います。

猫背の原因

猫背になってしまう原因はいくつかありますが、今回は、その中でも特にお子さんや女性に多い「体幹の弱さ」について解説します。

ここで言う「体幹」とは、「お腹周りの筋肉」と思ってください。下の図の通り、肋骨と骨盤の間のお腹部分には背骨しかないので、お腹周りの筋肉がしっかりしていないと、重力に負けて背中が丸くなってしまいます。

猫背の原因とその対処法(体幹)

腹筋をやればいい?

では、お腹の筋肉を鍛える腹筋運動をやれば良いのでしょうか?

猫背の原因とその対処法(腹筋運動)

答えはノーです。上の写真のような、お腹の表層の筋肉だけをいくら鍛えても姿勢改善にはつながりません。

良い姿勢を保つためには、お腹の奥の前後左右のインナーマッスルを同時に働かせる必要があります。

股関節が曲がると背中も曲がる

また、椅子に座る、前かがみになるなど、股関節が曲がると、一緒に背中も丸くなりがちです。

猫背の原因とその対処法(腰痛・肩こり)

そうならないように、体幹のインナーマッスルを同時に働かせるトレーニングをお伝えします。

猫背改善のトレーニング

まず、椅子に座った状態で、骨盤をしっかり立てます。

猫背の原因とその対処法(体幹トレーニングセットアップ)

その状態で、頭の後ろで手を組み、上体を前に倒して戻ります。この時、頭からお尻までが一直線になるように意識してください。前に倒した時に腰が丸まるのはNGです。

猫背の原因とその対処法(体幹トレーニング)

デスクワークの前に5回行うだけでも姿勢が変わると思います。

施術についてのご相談・ご予約はこちらまでどうぞ。