ますだ治療院は長引く痛み、しびれ、がんこなコリ専門の鍼灸マッサージ院です。

足のしびれ| 坐骨神経痛・脊柱管狭窄症など

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)について

 足のしびれの原因としてもっとも有名なのが坐骨神経痛です。しかし、実際に椎間板ヘルニアなどによって坐骨神経痛が起こっているケースは多くありません。

 ヘルニアなどで坐骨神経が圧迫されると、お尻や足の痛み・しびれと同時に筋力低下や深部腱反射(膝下などをゴムのハンマーで叩くと足が伸びるアレです)の低下や消失などが起こります。これは、坐骨神経が、感覚神経と運動神経の両方の線維を含んでいるからです。

 整形外科で骨と骨の間の狭さを指摘されてもあきらめることはありません。筋力低下や反射異常を伴わない足のしびれの原因の多くは、お尻や足の筋膜などにあります。

 ますだ治療院では、痛みやしびれの原因になっている部位(トリガーポイント)を、問診・運動検査・触診で探し出し、手または鍼(はり)で刺激します。トリガーポイントを的確に刺激できれば、局所の循環や組織間の滑走性を改善させ、痛みやしびれ改善の効果が期待できます。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさく)について

 足のしびれの原因として、もう一つ有名なのは、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)です。こちらは高齢者に多く、特徴的な症状は間欠跛行(かんけつはこう)といって、歩いていると徐々に足のしびれや痛みが出現し、座ったり前かがみの姿勢で休むと急激に改善します。

 これは、背骨の中のトンネルが、背骨のズレやじん帯の肥厚などによって狭くなることが原因で、中を通る神経や血管が圧迫されて症状が出るとされています。

 しかしこれも、腰やお尻の筋膜などが原因の場合がしばしばあります。ますだ治療院では、痛みやしびれの原因になっている部位(トリガーポイント)を、問診・運動検査・触診で探し出し、手または鍼(はり)で刺激します。トリガーポイントを的確に刺激できれば、局所の循環や組織間の滑走性を改善させ、痛みやしびれ改善の効果が期待できます。

備考

 本物の椎間板ヘルニアの急性期などで、強烈な痛みとしびれがある場合は、あまりできる事はありません。とりあえず炎症が治まるのを待つしかありませんので、消炎鎮痛剤などを使って安静にされることをお勧めします。炎症による痛みが軽くなってきたら、周囲の筋肉の緊張が引き起こしている痛みやしびれを改善する目的で手技(手による治療)または鍼(はり)を行います。

 また、間欠跛行が顕著な場合は、背骨の中の問題が疑われますので、それ自体を外からの刺激で改善させることは不可能です。 しかし、当院でも多くの方が、腰やお尻の筋肉に対する施術で症状が軽減していることから、 背骨の中の問題に加えて、腰やお尻の筋肉の問題が存在し、そちらは改善の可能性があると考えています。(個人差があります)

「しびれの原因がよくわからない」「効果が期待できるか知りたい」など疑問のある場合は、お気軽にお問合せください。
お問合せは0467-23-1355までお電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお寄せください。 お問合せはこちらから

受付時間

  9:00-11:30 14:00-19:00
月
火
水
木 お休み お休み
金
土
日
電話:0467-23-1355
ますだ治療院ブログ