ますだ治療院は長引く痛み、しびれ、がんこなコリ専門の鍼灸マッサージ院です。

腕のしびれ| 胸郭出口症候群など

 腕のしびれを訴えて整形外科を受診すると、多くの場合、頸椎症(性神経根症)や椎間板ヘルニアなど頸椎(首の骨)の問題と言われます。しかし実際には、筋肉など軟部組織が原因のしびれもかなりあると思われます。

胸郭出口症候群について

 その代表的なものが胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)です。 これは、首から胸にかけての筋肉や骨が、腕へと走る血管や神経を圧迫して腕のしびれを出すと言われています。(個人的には、筋肉自体がしびれを出している場合もあるのではないかと考えています) 簡単にいうと首などの筋肉のコリが腕のしびれの原因になっている場合があるということです。

 ますだ治療院では、運動検査等で痛みの原因になっている筋肉を見つけ出し、その緊張を緩める目的で、手または鍼(はり)で施術します。

備考

 椎間板ヘルニアなどで強烈なしびれがある場合は、あまりできる事はありません。とりあえず炎症が治まるのを待つしかありませんので、消炎鎮痛剤などを使って安静にされることをお勧めします。

 炎症による痛みが軽くなってきたら、首の筋肉の緊張をゆるめ神経根にかかるストレスを軽減する 目的で手技(手による施術)または鍼(はり)を行います。

 また、頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)のように足にもしびれが出たり、 運動障害を伴うものに関しては、頸椎(首の骨)の中の問題ですので鍼や手技では対応しかねます。

「しびれの原因がわからない」「効果が期待できるか知りたい」など疑問のある場合は、お気軽にお問合せください。
お問合せは0467-23-1355までお電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお寄せください。 お問合せはこちらから

受付時間

  9:00-11:30 14:00-19:00
月
火
水
木 お休み お休み
金
土
日
電話:0467-23-1355
ますだ治療院ブログ