ますだ治療院は長引く痛み、しびれ、がんこなコリ専門の鍼灸マッサージ院です。

肩の痛み| 四十肩・五十肩など

腱板断裂について

 転倒して手をついたり肩をぶつけた直後に強い痛みを感じた場合は、こちらを疑って整形外科で検査を受けて下さい。肩の腱が部分的、または完全に断裂した状態です。断裂の状態によっては手術の対象です。

石灰(沈着)性腱炎について

 外傷の記憶も無いのに、突然強烈な肩の痛みを感じた場合は、こちらを疑って整形外科でレントゲン検査を受けて下さい。肩の腱に石灰が沈着することによって炎症を起こす病気です。 石灰性腱炎の場合は、整形外科での注射が良く効きますのでそちらをお勧めします。

四十肩・五十肩について

 「思い当たる原因がなく腕を上げると肩が痛い」「この角度以上は肩が回らない」などという方で、画像検査で石灰の沈着などが無い場合、四十肩・五十肩、あるいは肩関節周囲炎という病名が付きます。    

 原因は、加齢によって傷めやすくなった肩の奥にある腱などの組織が、何かのきっかけで 炎症を起こし強い痛みを出します。また、痛みにともなってまわりの筋肉に緊張が起こり、 二次的な痛みや動きの悪さを起こします。 筋膜や関節を包む袋(関節包)などが癒着するとさらに動きが悪くなります。

 じっとしていても痛みの激しい初期の段階には、あまりできる事はありません。 炎症が治まるのを待つしかありませんので、消炎鎮痛剤やシップを使って安静にされること をお勧めします。 多くの場合、肩関節内転・内旋の(三角巾で吊っているような)姿勢が楽ですので、クッション やタオルを使って寝るときの姿勢を工夫して下さい。

 痛みが落ち着いてきたら、肩関節のまわりの筋肉を鍼(はり)または手技で施術していきます。 特にインナーマッスルと呼ばれる深部の筋肉の治療が効果的です。 中でも肩甲骨の前面に付いている肩甲下筋への施術は、行っている施術所は少ないですが 非常に重要です。

「ご自身の肩の痛みが五十肩かどうかわからない」「施術を受ける時期かどうかわからない」など疑問のある場合は、お気軽にお問合せください。
お問合せは0467-23-1355までお電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお寄せください。 お問合せはこちらから

受付時間

  9:00-11:30 14:00-19:00
月
火
水
木 お休み お休み
金
土
日
電話:0467-23-1355
ますだ治療院ブログ