ますだ治療院は長引く痛み、しびれ、がんこなコリ専門の鍼灸マッサージ院です。

肩こり| 眼精疲労・ストレートネックなど

肩こりについて

 肩こりは、多くの場合、首から背中にかけての筋肉の疲労が原因です。これらの筋肉は、同姿勢で頭を支えている、または肩甲骨~腕をぶら下げて事で疲労します。パソコンや携帯電話の操作などで頭が体の中心線より前にあると首などの筋肉は疲労します。また、背中が丸くなって肩甲骨が開いたままでいることもその周囲の筋肉を疲労させます。

 ストレートネックや首の骨の間が狭くなっていることが原因と言われてもあきらめる必要はありません。 筋肉への施術と日常生活の工夫で改善された例はたくさんあります。 また、マッサージや整体で改善しなかった方もご相談ください。 問題の筋肉を見つけ出せていなかったり、うまく刺激できていなかった可能性があります。

 コリの場合は運動検査ではあまり変化しませんので、当院では主に触診でコリの原因となっている場所 (必ずしもご本人のつらい場所と一致しません)を見つけ出し、鍼(はり)または手で刺激します。 意外な場所を刺激されたり、意外な角度から刺激され驚かれる場合もあります。 原因の場所を刺激されると「まさにそこ!」という感覚を得られます。 鍼の場合はその場所に刺して10分ほど置いておきます。局所の血流量が増し緊張した筋肉がゆるみます。 鍼が苦手な方はその場所を手で刺激します。

 慢性的な肩こりの場合は、日常生活での姿勢の工夫や、良い姿勢を維持するための運動なども必要 ですので、それらに関してアドバイスさせていただきます。

眼精疲労(がんせいひろう)について

 眼精疲労とは、単なる疲れ目ではなく、休息しても目の痛みやかすみ・頭痛などの症状が取れないものをいいます。

 眼精疲労の原因には、パソコンや携帯電話の画面の見すぎや老眼・乱視など目の問題もありますが、長時間同じ姿勢を続けることなどによる首や肩の筋肉の疲労も大きく関わっています。事実、首や肩の筋肉を刺激して目の周りや奥にひびくというケースは多いです。

 ますだ治療院では、運動検査や触診で原因となっている場所を探し出し、鍼(はり)または手技療法を行ないます。鍼や手で刺激すると「いつも痛む場所に、いつもの痛みが再現する」という部位は、トリガーポイントと呼ばれ施術効果が高いです。

 症状が繰り返される場合は、日常生活での姿勢の工夫や、良い姿勢を維持するための運動なども必要ですので、それらに関してアドバイスさせていただきます。

「施術を受けるべきかどうかわからない」「施術を受けるのが初めてで不安」など疑問のある場合は、お気軽にお問合せください。
お問合せは0467-23-1355までお電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお寄せください。 お問合せはこちらから

受付時間

  9:00-11:30 14:00-19:00
月
火
水
木 お休み お休み
金
土
日
電話:0467-23-1355
ますだ治療院ブログ