ますだ治療院は長引く痛み、しびれ、がんこなコリ専門の鍼灸マッサージ院です。

施術内容

 ますだ治療院では、問診、運動検査、触診などで痛みやしびれの原因を探し出し、手または鍼による施術を行います。尚、当院ではお一人ずつ時間を取って施術しますので、1日に9名様までとさせて頂いております。

手技療法について

 手技(しゅぎ)療法とは素手で行う施術の総称です。ますだ治療院で行う手技の代表的なものは次の2つです。

1.トリガーポイント手技療法

 痛みやしびれの原因になっている部位(トリガーポイント)を、主に指で刺激する施術法です。うまくトリガーポイントを刺激できれば、神経の興奮をおさえ、血行を良くし、筋肉の過緊張を緩める効果が期待できます。

2.関節モビライゼーション

 首・肩・腰・股関節・膝などの痛みと関節の動き(アライメント)は大きく関わっています。関節モビライゼーションとは、他動的に動かすことによって関節の動きを良くする施術法です。鍼やトリガーポイント手技療法と組み合わせるとより効果的です。

トリガーポイント手技療法関節モビライゼーション

鍼(はり)施術について

 痛みやしびれの原因になっている部位(トリガーポイント)を鍼で直接刺激して症状の改善をはかります。うまくトリガーポイントを刺激できれば、神経の興奮をおさえ、血行を良くし、筋肉の過緊張を緩める効果が期待できます。手では届かない深部の組織も刺激できる利点があります。

 ますだ治療院で使用する鍼は、すべてエチレンオキサイドガス滅菌済みの使い捨てです。 主に使用する鍼の直径は0.14~0.24mm。 採血でよく使われる22Gの注射針の穴の内径が0.48mmですから、鍼はその穴にまとめて何本もはいる位の細さです。また、注射針の先端が薬剤などを注入するために竹を刀で切ったような形になっているのに対して、鍼の先端はなるべく組織を傷つけずに刺入するためになだらかな円錐形になっています。

鍼治療使用する鍼

ストレッチ・セルフマッサージについて

 鍼や手技療法で痛みを取った後、正しい動きで動かすことや正しい姿勢を身につけることが、症状改善や再発防止のために重要です。そのために必要な、ご自宅でできるストレッチやマッサージなどをお教えします。

使用する鍼

施術の流れ

1.問診・運動検査

問診票にお名前や症状についてご記入いただきます。 
問診票を見ながら、さらに詳しくお話をうかがいます。

次に、症状が出現したり悪化する姿勢や動作をさがします。これを運動検査と言い、当院では特に重要視しています。(コリなど、姿勢や動作で変化しない場合は行いません)

2.触診・施術

運動検査であたりをつけた部位を触り、問題の場所(トリガーポイント)を絞り込みます。
それ自体が、問題の場所や周囲の組織を緩める施術になっている場合もあります。

問題の場所を絞り込んだら、そこに手または鍼(はり)で刺激をします。
(鍼が苦手な方には行いません)

鍼は、多くの場合、刺してから10分ほど赤外線で温めながら置いておきます。
鍼に通電して筋肉などを刺激する場合もあります。

また、関節モビライゼーションやストレッチなどを行う場合もあります。

3.施術効果の確認

運動検査で見つけた、症状が悪化する姿勢や動作を再び行っていただき、施術効果を確認します。症状の変化が見られない場合は、時間の範囲内で施術・確認を繰り返します。

4.説明・アドバイス

何が原因なのかを、解剖図やタブレット端末を使ってご説明します。
日常生活で何に気を付けたら良いのかをご説明します。

また、必要に応じてご自宅でできるマッサージやストレッチ・筋力トレーニングなどをご指導いたします。

施術内容についてのお問合せは0120-898907までお電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお寄せください。 お問合せはこちらから

<< ごあいさつ | 施設案内 >>

受付時間

  9:00-11:30 14:00-19:00
月
火
水
木 お休み お休み
金
土
日
電話:0467-23-1355
ますだ治療院ブログ